Mail お問い合わせ
FAQ よくあるご質問
  • 小規模保育専用団体保険について
  • 弊会が提供する研修メニュー
  • 会員団体の各園紹介
小規模保育とは?〜待機児童問題に向かって〜

トップページ

>

お知らせ・TOPICS

>

【報告】内閣府「子ども・子育て会議(第36回)」随行者感想(くれぴつクレヨン様)


【報告】内閣府「子ども・子育て会議(第36回)」随行者感想(くれぴつクレヨン様)

2018年9月19日


7月30日に開催された内閣府「子ども・子育て会議(第36回)」に随行した会員の方からの感想をご紹介いたします。

 

(会議の資料や意見書は、内閣府のホームページに掲載されています。)

子ども・子育て会議等‐子ども・子育て支援新制度‐内閣府

 

くれぴつクレヨン 大堂

くれぴつクレヨン 代表 大堂様

 

随行者:全国小規模保育協議会 賛助会員

東京都 くれぴつクレヨン 代表 大堂貴史様より

 

 

「この度は貴重な機会を頂き、ありがとうございました。

初めて「子ども・子育て会議」に参加させていただきましたが、保育園、幼稚園、こども園、児童館など様々な立場からの意見や要望を聞くことができました。現在抱えている問題点を理解することができ、大変勉強になりました。

 

 保育の現場で抱える様々な問題点について、直接意見を述べる場があることは、今後、よりよい制度や仕組みを構築していく上で、非常に意義のあることだと思います。

 

 各委員の中でも駒崎理事長は特に鋭いご意見、ご質問をされていましたが、それに対する回答に対して、何度も相手方(国側)の言質の確認を取られておりました。物事を前に進めていこうと思えば、現場から強く訴えかけていかないと行政はなかなか動いてくれないんだなということを強く感じました。

 

くれぴつクレヨンは、子供たちに安全で本当にいい商品だけを届けていきたい、現場で働く保育士さんや子育てに忙しいママさんのお役に立ちたい、という思いから昨年起業致しました。正会員・準会員の皆様と立場は違いますが、子供たち、保育士、保護者の方の環境をよくしていきたいという思いは同じです。皆様との意見交換を通して、よりよいご提案・環境の改善ができるよう取り組んで参ります。」



ページトップへ