FAQ よくあるご質問
Mail お問い合わせ
FAQ  会員問い合わせ
Interview 取材
  • 小規模保育専用団体保険について
  • 小規模保育向きの部屋を探す
  • 会員団体の各園紹介
  • キャリアアップ研修
小規模保育とは?〜待機児童問題に向かって〜

トップページ>小規模保育とは?~待機児童問題に向かって~

小規模保育とは?

0-3歳未満児を対象に、定員が6人以上19人以下の少人数で、家庭的保育に近い雰囲気のもと、きめ細かな保育を行います。
2015年度より、子どもの保育、子育て支援を総合的に進める新しい仕組みの一環として「子ども・子育て支援法」が施行されました。
その中で小規模保育施設は「小規模認可保育所」となり国の認可事業として位置づけられました。
地域における多様な保育ニーズにきめ細かく対応する質が確保された保育を提供し、子どもの成長を支援するために、0-2歳児までの子どもを、認可保育所(原則20名以上)より少ない、定員が6人以上19人以下の少人数で運営しています。
2019年4月時点で全国の小規模認可保育所は4,915施設となりました。

小規模保育の事例

 

子どもの興味に沿った保育
決まったプログラムを実施するだけでなく、子どもたちの興味に 応じ、
その日の活動を臨機応変に変更できます。

narikawa_1
  •  

    保護者の子育てにも伴走する保育
    子どもへ目がよく行き届くため、保護者の不安も解消します。 母乳育児支援や障がいを持つお子さんを積極的に受け入れる園 もあります。

  •  

    子どもの個性に合わせた保育
    集団に馴染めない子どもにも丁寧に対応します。

  •  

    各施設(正会員)の各園紹介へ
    各地の志を持った保育者による多様な小規模保育を紹介します。
    会員団体の各園紹介へ

dammy

小規模保育の特徴

  •  

    家庭環境に近い環境の中で、愛着関係を大事にする

  •  

    少人数を対象に、きめ細やかな保育

  •  

    一人ひとりの子どもの生活リズムを尊重

  •  

    保護者の子育てに伴走し、悩みを抱えている子どもや保護者に寄り添う

  •  

    地域の様々なニーズに合わせた多様な保育を展開。医療的ケア児を積極的に受け入れる園もあります

  •  

    「全国小規模保育協議会とは?