Mail お問い合わせ
FAQ よくあるご質問
保険について

小規模保育事業者専用団体保険


小規模保育総合補償制度
正式名称:施設所有(管理)者賠償責任保険、学校契約団体傷害保険特約付普通傷害保険
(引受保険会社:三井住友海上火災保険株式会社)

NPO法人全国小規模保育協議会では、小規模保育施設を運営される会員様向けに、「小規模保育総合補償制度」を創設しました。
この制度は小規模保育事業運営の実態に適した補償内容となっております。

 保険加入要件

・当協議会の正会員
既に小規模認可保育事業を運営している法人・個人。
認可外の小規模保育施設、事業所内保育所は対象外となりますことをご了承下さい。

 施設賠償責任保険

 傷害保険(園児向け)

上記は概要ですので詳しくは「入会・保険加入ご検討のお問い合わせ」から、資料のご請求をお願いします。
・「小規模保育総合補償制度のご案内」(PDF) 平成29年度加入用
・「平成29年度小規模保育総合補償制度<別冊>(重要事項説明)」

※保険加入ご希望の方は、まず当協議会の正会員にご入会下さい。
入会・保険加入ご検討のお問い合わせも「入会・保険加入ご検討のお問い合わせ」からお願いします。

※小規模保育事業運営上の補償について
全国小規模保育協議会では、小規模保育の子どもたちと施設の安心・安全を実現するために、政策提言を行い、2015年4月「子ども子育て支援新制度」のスタートと併せて、小規模認可保育所も『災害共済給付制度』(独立行政法人日本スポーツ振興センター)の対象とすることを実現させました。
小規模保育事業を運営する会員の皆さまが加入できる補償の環境は大きく変わっております。

※災害共済給付制度について
『災害共済給付制度』は日本スポーツ振興センター法に規定された、公的な保険です。(独立行政法人日本スポーツ振興センターが運営しております。)
小規模認可保育所は災害共済給付制度の加入対象となりました。
補償内容等詳細については、こちらをご覧ください。
(補償内容の説明や加入手続きなどは、当協議会では行っておりませんのでご了承ください)