【開催報告】東海連絡会講演会「保護者から見た小規模保育って?」

2019年12月9日

東海連絡会 大山です。2019年11月10日(日)に開催された、東海連絡会の講演会についてご報告させて頂きます。

みらい子育て全国ネットワーク(miraco)副代表の井上竜太氏をお迎えして「保護者から見た小規模保育って?」という題材でお話をして頂きました。

東海連絡会2

miracoさんの始まりは、2017年1月。40年解決してこなかった待機児童問題を私たちの世代で解決したい。そんな思いで子育て中のパパ・ママが集い「希望するみんなが保育園に入れる社会をめざす会」を立ち上げました。

子育て当事者と集い、話し、発信し、政策決定者である国会議員や行政との直接対話を重ねる中で

子育てしやすい社会・文化をつくりたい。
私たち一人一人が生き方を自由に選択し、尊重される社会をめざしたい。

このような考えに至り、「みらい子育て全国ネットワーク(miraco)」へ生まれ変わり様々な活動をしていらっしゃいます。お話して頂いた井上氏にも3人のお子さんがいらっしゃり、お子さんの保活に苦労された経験をお持ちでした。

miracoさんが集計された「お子さんが通う保育園に対する思い」に関するアンケートについて興味深く伺いました。コメント内容の内訳で見ると、ポジティブな意見では「保育者(への感謝)」が9割近くに上り、ネガティブな意見では、「保育者(離職の多さ、業務負荷、経験・スキル不足)」が5割を占め、その他、 運営母体、自治体の対応への不満が寄せられたのだとか。

保育者へのアンケートでは、保育の仕事の重要性を踏まえ、処遇改善を図り、保育の質を上げ られる状況にしてほしい、という悲痛な訴えが寄せられたとのことです。「愚痴っていても何も変わらない、発信していくことが大切」というお話に、参加者の皆さんも共感していらっしゃいました。

講演会の後はグループワークを行いました。

東海勉強会4

それぞれの園のお困りごとを付箋に書き出し、意見交換を行いました。

総括は井上氏に行って頂きました。各園の課題を認識し様々な意見を伺うことで新たな視点を得られる貴重な時間になりました。

懇親会は名古屋名物ひつまぶしのお店へ!

東海勉強会7

リラックスした雰囲気の中で、悩みごとやお困りごとなどを話し合える有意義な場となりました。

ご参加下さった皆様、ありがとうございました。

【11月10日(日)開催!】東海連絡会 講演会「保護者から見た小規模保育って?」参加受付中!

2019年10月18日

1110_tokai_event


待機児童対策として開始された「小規模保育事業」も5年を経過し、東海エリアでは愛知・岐阜・三重・静岡において520園を上回る施設ができました。
現在の「小規模保育」の現状は?お子さんに寄り添い、居心地のよい場所になれていますか?

今回、「小規模保育」について、保護者の立場から「みらい子育て全国ネットワーク(miraco)」副代表・井上氏にお話しいただきます。
小規模保育の優位性や今後の方向性を一緒に考えましょう!

<開催概要>
日程:2019年11月10日(日)9:30~11:45
場所:ウィンクあいち 903号室                 
   愛知県名古屋市中村区名駅4-4-38 052-571-6131
対象:小規模保育に携わる方々(施設長・保育士・保護者)
内容:保護者から見た小規模保育の優位性
講師:みらい子育て全国ネットワーク(miraco)副代表・井上 竜太氏
定員: 84名(10月末日締切・定員になり次第締切)
参加費:1,000円(1名)※会員・一般ともに同額です。
主 催:全国小規模保育協議会 東海連絡会

<タイムテーブル>
9:30〜10:35 講演会
10:40~11:45 意見交換・交流会

▼お申し込みはこちらから
https://00m.in/d4gRe

皆さまのご参加をお待ちしております!

【報告】「保育現場の事故についての研修会・分科会と開設・運営相談」盛況に開催!

2016年7月21日

去る7月9日(土)、「保育現場の事故についての研修会・分科会と開設・運営相談」が開催されました。
これまで開催された研修会と同じく、受付時点で満員御礼となり、総勢62名の方にご参加いただく盛況な会となりました!

今回も、全体研修、分科会の二部構成で、各現場に月曜日から実行できる「一歩」を持ち帰る実践的な場となりました。
また、初の試みとして、分科会と並行して理事による開設・運営相談を実施しました!


◎全体研修 遠藤先生による講演「小規模保育の事故対策」

前半の全体研修では、保育応急救護協会代表 遠藤登先生による全体研修の講演が開催されました。

http://child-care.ne.jp/
遠藤登先生

小規模保育の事故対策として重要な3つの点について、お話をいただきました。
1.保育事故の課題
2.ヒヤリハットの考え方
3.食事の窒息事故の対応

遠藤先生による講演

「見守る」と「監視する」の違い、保育の「事故」と「ヒヤリハット」の定義、共有を優先したハザードマップの活用など、今まであいまいになっていたヒヤリハットのイメージやより有効な共有方法を学ぶことができました。


研修後半のワークショップの導入では、感染予防グローブ使用の理由と使用するタイミングについて、動画を見ながら説得力のある説明がありました。
グローブの外し方のワークショップでは、遠藤先生の説明を聞きながら、参加者全員で実施し、感染を最小限におさえるグローブの外し方に感嘆の声が漏れました。

ワークショップ グローブの外し方

2つめのワークショップでは、「2歳児が食事中に窒息したら・・・」というシチュエーションで、2歳児と保育者のペアになり、咳き込む子どもの背中の叩き方などを実践しました。

ワークショップ 窒息の対応

研修会の最後に、総括として、遠藤先生から保育においてもPDCAサイクルを回す重要性の説明がありました。


◎分科会 保育のヒヤリハットについて

後半の分科会では、7グループに分かれ、ヒヤリハットについて活発な意見のやりとりが行われました。

はじめに、自分の持つヒヤリハットイメージと所属する園の直近1ヶ月のヒヤリハット件数を各自が発表し、それぞれのヒヤリハットイメージやヒヤリハット件数の差に驚きました。

ヒヤリハットが出ない原因、共有できない原因を考え、共有するために必要なことや、どうすればうまく共有できるかを進行役の人が上手くまとめながら話し合いました。

分科会 話し合いの様子

話し合いの後、ヒヤリハットに対する対策のまとめや月曜から自分ができる一歩について、各グループが発表しました。

分科会 発表資料
分科会 まとめ発表

最後に、遠藤先生からは、分科会の話し合いや発表を聞いてのコメントや、現場で実践する難しさなど、より現場にそった話をしていただき、今回の研修会お開きとなりました。

遠藤先生によるコメント

遠藤先生。貴重な講演をありがとうございました。



研修会終了後、参加者が持ち寄ったヒヤリハットシートが掲示されたコーナーでは、
参加者がヒヤリハットシートを撮影し、現場に持ち帰って活用しようという姿が多く見られました。

ヒヤリハットシート サンプル

帰り際には、遠藤先生著書「「保育救命」保育者のための安心安全ガイド」を購入し、さらに救命の知識を深めようとする方たちもいらっしゃいました。

遠藤先生著書「「保育救命」保育者のための安心安全ガイド」

今回の研修は、自分のヒヤリハットのイメージを変えるきっかけとなり、月曜からできる一歩を獲得した実り多い場となりました。

また、分科会と平行して、8名の方が理事との開設・運営相談を実施することもできました。

全国小規模保育協議会では、今後も事業者向け、働くスタッフ向けの双方に楽しくためになる研修会やイベントを開催していきます!

【報告】新制度スタート後初の「小規模保育セミナー」盛況に開催!

2015年9月15日

去る9月5日、小規模保育セミナーが開催、総勢65名もの方にご参加いただく盛況な会となりました。
今回は、基調講演、分科会の2部構成で、現場のみなさんに、より学びを深めていただけたことと思います。
  

≪駒崎代表による小規模保育園の現状!≫

現在、小規模保育園は、なんと1665園にも普及しています。
ただ、制度がスタートしたばかりだと問題点があるので、「どんどん改善していこう!」という意気込みが感じられました!

(駒崎代表による小規模保育園の現状説明)

≪基調講演 土谷先生による小規模保育の特性とその保育について!≫


関東学院教育学部 こども発達学科教授でいらっしゃる土谷みち子先生による基調講演がありました。

(土谷先生による基調講演)


こどもたちの発達を詳しくお話いただいたのち、小規模保育園の特性についてもお話いただきました。
こどもたちの精神的発達の土台となる環境が小規模保育園では、設定しやすいとのことです。
例えば、顔見知りの異年齡交流ができるという環境は、ゆっくり愛着が育つとのこと。
また、自己肯定感の前に育つ「自己信頼」が育つことは、将来の人格を支えるものだそうです。
このように、0~2歳という大切な時期に手厚い保育を行える小規模保育園の魅力が大変わかりやすいお話でした!

≪分科会!≫


分科会では、以下3つの内容を7グループに分け、活発な意見のやりとりが行われました。

①運営の工夫あれこれ 
②親支援
③他の園ではどうしてる?

それぞれが、とても盛り上がっていたのですが、特に「他の園ではどうしてる?」の3グループが白熱しておりました。
どのグループでも話題にのぼっていたのは、異年齢ならではのよさがあるものの、日々の保育の中で難しさを感じているということでした。
特に、午睡、雨の日の活動など。午睡については、別の部屋に分けるなど工夫をされている園もありました。
そんな中でも、どのくらいで入眠するのか、寝返りの回数、目が開く時間帯を研究しているなど、小規模ならではの手厚さがわかるエピソードもありました。じっくりこどもたちを見守れること、これも小規模保育ならではの醍醐味ですよね。

(分科会で話し合い中)


終了時間になっても、なかなか終われないくらい、盛り上がり、定期的に話をできる機会を作って欲しいとの声をたくさん頂戴いたしました。

全国小規模保育協議会では今後も事業者向け、働くスタッフ向けの双方に楽しくてためになる研修会やイベントを開催していきます。

「こんな企画ないの?」「今後はこういうことやってほしい」といったリクエストがありましたらお問い合わせフォームよりぜひ声をお聞かせ下さい。

「小規模認可保育」の未来を描く全国フォーラム、蓮舫議員もゲストに迎え開催へ!

2015年1月28日

みなさま、こんにちは!

小規模保育施設が「小規模認可保育所」として法的に位置づけられる新制度が4月にスタートします。
この新制度、多様化する現代の子育て支援のニーズに応えるよう、いくつかの保育類型をふくんでいますが小規模保育はその中の一つにあたります。

制度の中でどのような位置づけなのか?
どんなニーズを背景にしているの?
従来の保育園とどう違うの?

などなど、小規模保育所ってどんなところ?と思う方、小規模保育をもっと応援したい!と思う方、現代の保育政策について色々知りたい!と思う方それぞれにご満足いただけるフォーラムを開催します。
小規模保育の現状と課題、政治は保育に何ができるか、を様々な視点から当事者の発信を通じて論じる骨太な内容です。
懇親会では理事長駒崎をはじめ小規模保育のキーパーソンと直接語らう機会も設けました。
みなさまふるってご参加下さい!

****************************************
「新制度までカウントダウン!
小規模認可保育の未来を描く全国フォーラム」
2015年2月28日(土)
13:00~16:30(受付開始12:30~)
場所)日本財団ビル 2F会議室
http://www.nippon-foundation.or.jp/about/access/
****************************************

◆プログラム

◎リレートーク
~小規模保育ってどんなところ?現場からの情熱プレゼン~
○登壇者
小規模保育事業者
「保育士自らが立ち上げる小規模保育園のかたち」(当協議会正会員和田様)
「全ての子どもがともに育つ小規模保育を目指して」(当協議会正会員中谷様)
その他当協議会幹事団体施設長、小規模保育園を利用する親御さん

当事者の発信を通して「小規模保育ってどんなところか」「小規模保育の今」を皆さんに知っていただける内容です。

◎パネスディスカッション
保育政策の鍵を握るママパパ議員たちによるパネルディスカッション
~政治家と保育者は未来のためにいかに手をつなぐか~

○登壇者
自民党議員(調整中)
高木美智代議員(衆議院議員 公明党 市民活動委員会委員長)
蓮舫議員(参議院議員 民主党 元少子化対策大臣)
長田浩志(内閣府参事官)
駒崎弘樹(全国小規模保育協議会理事長)

子育て政策に力を注がれる政界の皆様をお招きし「小規模保育のこれから」をお話し頂きます。

◎懇親会
~小規模保育のキーパーソンと語らおう!(お茶菓子つき)~
理事長駒崎をはじめとする当協議会理事とダイレクトに小規模保育や保育政策の今後についてお話しいただけます。

◆参加費 
2000円 (お一人様あたり)
※当協議会 会員特別価格 1,000円(正会員、準会員、賛助会員 いずれもお一人様あたり)

◆お申し込み
申込みは下記URLよりお願いいたします。
http://peatix.com/event/65007
※申込締切は2月22日(日)

みなさまのご参加をお待ちしております。

ご質問、ご不明な点がございましたら、下記へメールにてお問合せください。
問合せ先 : 全国小規模保育協議会 事務局 
Mail:jimukyoku@syokibohoiku.or.jp