【東京チャプター活動報告】小規模保育園の経営者が語る取り組み・開設秘話①

こんにちは。東京チャプターの宮村です。

 東京チャプターでは、東京都の小規模保育の充実発展をめざし、相互交流、調査研究、研修や、行政への政策提言を行っています。

 それぞれが抱えている問題を共有し、解決の糸口を見つけるための場所となるべく、小規模保育園経営者・運営者を対象にした交流会を定期的に開催。全国で小規模保育園を経営するゲストスピーカーをお招きし、各小規模保育園の取り組みや開設秘話をお話いただいています。

 今回より4回にわたり、東京チャプターに寄せられた会員園での取り組みを紹介していきます!

 

第一回は学校法人 正和学園(東京・町田)の取り組みです。

◇ ◇ ◇ 

H30年版「子ども白書」には、自然体験、友だちとの遊び、地域活動の重要性が報告されています。正和学園が大切にしているのはまさに自然体験、遊びを通した学び、地域活動です。子どもたちに自己肯定感を高めてもらうことを大切にし、どのように保育の主語を「子ども自身」にしていくかということを主軸にして、保育を組み立てていきたいと模索しています。

 正和学園が運営する小規模保育施設「つながりづくり保育園」は、3つの園がそれぞれ隣接していて、法規上はそれぞれ別の園ですが、3園で1つの園を構成しているような感じです。3園併設は、日本初なのではないかと思っています。名前も分けず、つながりづくり保育園「α」「β」「for STAFF」と名付け、3園とも同じ建物の中に存在しています。

 小規模園では、自然の中で1、2歳の子どもたちが、砂だらけ泥だらけで遊んでいます。近隣の公園なども利用し、子どもたちが自分自身で感じる時間を大切に、友だち同士でいろいろな協働をしていくということに重きをおいて取り組んでいます。

 近年、送迎専用の保育園を開設しました。プレキンダーと一時保育をくっつけて送迎のみを行う保育園、在園児が0名の保育園ということで、7名からスタートしています。市から受託され、小規模保育の園児が3歳になるときに他の園に連れて行くということでスムーズに持ち上がりができるメリットもあります。

現在は提携している郊外の空きがある保育園12園に、現在30人ぐらいのお子さんを連れて行っていて、事業者さんからもご好評をいただいています。コロナの影響で多少苦戦していますが、申込書はひっきりなしという状況で、保護者が自然豊かなところでの遊びを求めていると肌で感じているところです。

ぐるみ保育取り組としては、小規模保育の施設をいくつかつくり、コミュニティ化してつないでいく「つながり保育プロジェクト」を行っています

各園が単体で閉じないようにしよう」という方針のもと小規模保育園7カ所と企業主導型保育1箇所を合わせた8カ所有機的なコミュニティとしてつなぎながらの運営にチャレンジしています

サービスの受給者と提供者の垣根をなくす試みも行っていて、クラウドファンディングによる寄付を原資として「シェア保育園」を開設、現在は2年目に入ったところです。シェアリングの発想を保育領域に当てはめていくことは時に難しい面もありますが、だいぶ地域に溶け込んできたかなと思っています。「うちの土地も保育園にしてほしい」というようなオファーの声も上がり、まさに地域活動の賜物だなとうれしく思っています。


【園情報】

学校法人 正和学園
https://seiwagakuen.ed.jp/

【開催報告】第九回通常総会

事務局の松井です。
2021年5月23日(日)、NPO法人全国小規模保育協議会の第九回総会を開催いたしました。

緊急事態宣言の発令に伴い、オンライン会議ツールを使っての開催となりましたが、会員数220団体中、出席34団体、委任状106団体、合計140団体で定足数を満たし、オンライン総会を無事に終えることができました。

*議長選出
冒頭、司会より議長の選出について提案があり、伏見いろどり保育園 安藤準佑様を拍手多数により選任し議案の審議に入りました。

*議事録署名人の選任
議長より議事録署名人に駒崎理事長、宗教法人正光寺 高橋寿光様を選任致しました。

議事の経過の概要は以下のとおりです。全ての議案が賛成多数をもって承認されました。

【第1号議案】2020年度事業報告
【第2号議案】2020年度決算報告・収支差額処分案・監査報告
【第3号議案】2021年度 事業計画(案)の決定
【第4号議案】2021年度 予算(案)の決定
【第5号議案】会員規約の改定

総会後はチャプター活動報告会が行われました。

支部連絡会は2021年4月から「地域チャプター」に移行。新たな地域チャプターとして、まちだチャプター、京都チャプター、テーマチャプターとして、小規模保育ならではの素晴らしい実践例を紹介する「実践本チャプター」が立ち上がりました。

報告会には7つの地域チャプター(仙台、東京、横浜、関西、東海、まちだ、京都)と実践本チャプターが参加。今回は2020年度の支部連絡会の活動報告と、今後のチャプターでの目的や20201年度の活動計画についてお話しいただきました。チャプター活動報告の様子を一部ご紹介します。

横浜チャプターでは、横浜市の小規模保育園を対象とし「新型コロナウイルス感染問題下での小規模保育事業の実態調査」を8月に実施。対象園の6割近くから回答を得ました。

結果として、コロナの影響による退園が2割以上の園で発生。2020年4~8月の退園児童数が小規模保育園では前年比1.4倍、利用区分が求職中の家庭の割合が、小規模保育園は認可保育園の倍以上となっており、職が見つからずに退園につながった可能性が見えてきました。この結果をもとに横浜市との意見交換を実施し、求職中の保護者の利用延長などを要望しました。



関西チャプターでは、2020年8月に特区小規模保育事業の現状と課題について、特区小規模保育に取り組んでいる堺市との意見交換を実施。令和2年4月の入所率として、特区小規模を持つ小規模園への入所率が105.3%となったことから、小規模園へ入所後3歳からの受け皿に迷い大規模園を求める家庭の姿が見えてきたといいます。

関西チャプターと東海チャプターが協働し新たに立ち上がったテーマチャプター・実践本チャプターでは、小規模保育ならではのアイデアや実践例に着目して会員園を編集者が取材・執筆し、小規模保育ならではの実践例を発信していきます。

通常総会、チャプター活動報告会の動画アーカイブは会員向けに限定公開を予定しています。
会員メーリングリストで後日、ご案内いたしますので、ぜひご覧ください。

参加されたみなさま。お忙しい中、委任状を託してくださったみなさま。
おかげさまで総会を成立させることができました。今年度も改めてよろしくお願い致します。

オンデマンドによる東京都保育士等キャリアアップ研修を開催します。【マネジメント分野/食育・アレルギー対応分野】

NPO法人全国小規模保育協議会は、オンデマント講義を取り入れた東京都保育士等キャリアアップ研修【マネジメント分野/食育・アレルギー対応分野】を開催します。
下記注意点を必ずご確認いただき、お申し込みください。

当研修では、計15時間の研修の中で、オンデマンド視聴期間中に、12時間の講義をお好きな時間で受講していただきます。最終日に3時間のzoomでのライブ配信講義(グループワーク、講師との質疑応答など双方向的な内容を想定)を行います。
最終日のライブ配信講義は、すべてのオンデマンド講義を完了した受講生のみ参加できます。
また、15時間すべてを修了しない場合は修了証は発行できません。
・オンデマンド講義の受講には、受講生の個人メールアドレスが必要です。園の共通アドレスでは受講できません。お申し込みフォームに忘れず記載をお願いいたします。
・オンデマンド講義の早送りは不可です。
・オンデマンド講義の中で個人ワークの提出を依頼する場合がございます。
・受講状況は随時事務局で確認させていただきますのでご了承ください。

最終日のライブ配信講義については下記を必ずご確認ください。
・zoom(オンライン会議システム)を利用したオンライン研修です。
・参加にあたってはカメラとマイク機能のあるパソコン、タブレット端末、スマートフォン等の機器とインターネット環境が必須です。
・スマートフォンでも参加できますが、長時間の研修のため、Wi-Fi環境下で、パソコンまたはタブレット端末での受講を推奨します。
・同じデバイスから複数名の受講はできません。1人1台のご準備をお願いいたします。

お申し込みの際は、必ずzoomを使用できる端末の有無、及びWi-Fi環境があるか等ご確認ください。
また、受講する場合は、事前にzoomのインストールを行い、インターネット、カメラ、オーディオの接続に関するテスト、最新版へのバージョンアップ等、受講できる環境の設定をお願いいたします。
ライブ配信講義中はお顔が映るように、ビデオONの状態で受講いただきます。
受講者側の接続不良、機器不良等で、当日15分以上の離席が生じた場合は、修了書の発行はできません。15分以上お顔が確認できない状態での受講も、修了証の発行はできません。

現在①マネジメントのみお申し込み可能です。他の研修日程については、受付開始日までお待ち下さい。
申込みフォームはこちら

申込み期間:2020年6月7日(月)正午12:00~6月14日(月)正午12:00まで
定員20名、抽選制となります。6月15日頃、当選者にメールでご連絡を差し上げます。

尚、お申込み後のキャンセルは基本的には不可とさせていただきます。
やむを得ない事情がある場合は、事務局までお申し出ください。

研修詳細はこちら → キャリアアップ研修

【調査結果】新型コロナウイルス感染問題下での小規模保育事業の実態調査(横浜チャプター)

こんにちは。横浜チャプターの新原(しんばる)です。

横浜チャプターでは、このコロナ禍において、
小規模保育事業での保育、利用者の状況、また小規模保育事業が直面する課題など
実態を把握するために横浜市内の小規模保育事業に対しアンケートを実施しました。
他園の状況が気になるテーマだったこともあり、全体の6割近い園から回答を頂きました。(115/200園)

アンケートから見えてきた状況としては、
登園自粛期間に長時間の子どもとの過ごし方に困っている保護者が多かったことや、
保育士が軽い体調不良でも休ませなければならないため職員配置に困っている園が多かったことが分かりました。

また、コロナの影響による退園が2割を超える園で起きており、
認可保育所と比べ小規模保育事業は、より不安定な働き方の保護者が多い
という状況も見えてきました。

この結果をもとに、横浜市の子ども子育て支援制度がより良くなるよう
制度提案も行なっています。

<新型コロナウイルス感染問題下での小規模保育事業の実態調査>
対象:横浜市内の小規模保育事業者
回答:115園(57%)
※の項目は、複数回答可・上位項目のみ記載

 

1.緊急事態宣言発令時と現在の利用状況の変化について
1)利用率実績【1日の平均利用人数÷定員】(注)土曜日除く

2)利用自粛の市の通知が出された際、どのように対応されましたか?※
・市の通知は参考程度で各家庭の保育必要度による対応:78 
・市の通知記載の職業要件に当てはまる家庭のみ預り:30
・原則休園:0

3)コロナの影響による預り状況の変化について※
・登園自粛要請解除後も利用日数・時間の変更があった:58
・変化なし:43
・契約者・予定者の退園があった:25

上記3)で退園ありの場合の人数
・1名:16
・2名:8
・3名:1

上記3)で退園ありの場合の理由※
・新型コロナウイルスへの感染を懸念し、自宅で保育するため:11(育休延長、就職延期を含む)
・保護者の離職・退職のため:5 

2.保護者対応
1)保護者の働き方の変化はありましたか?※
・在宅勤務の保護者が増えた:90
・変化なし:20
・離職した保護者がいる:15

2)気になったこと・受けた相談の内容※
・職業要件に該当しないが保育必要、在宅勤務だけど預けたい:92
・長期間、長時間の子どもとの過ごし方が分からない:31
・職が見つからない不安・職を失う不安を感じている:28 

3)保護者へのサポートは、今後、何が重要だと思いますか?※
・孤育て家庭が増えると想定されるため、園が相談相手となったり、
 地域の子育て仲間とのつながりを作る場を提供する体制の強化:67
・子どもの育ちや生活に関わる不安:56
・求職期間の延長:41

3.園として利用自粛期間に取り組んだことはありますか? ※
・手紙・園便りなどを頻繁に発信した:89
・電話による個人面談:50
・内部研修に力を入れた:43 

4.感染予防対策について
1) 感染予防対策として取り組んでいることを以下の中から選んでください。(衛生対応)※
手指消毒の強化:114
検温の強化:113
玩具、環境の消毒回数増:110 

2) 感染予防対策として取り組んでいることを以下の中から選んでください。(運営での対応)※
・行事やプールの中止、縮小:97
・入口(玄関)外での受け入れ、送り出し:87
・午睡時のソーシャルディスタンス(布団の間隔をあける):74

5.園運営で困った(ている)ことは何ですか?※
・登園自粛ルールなどを保護者に理解してもらうのが困難だった:54
・感染予防対策における経費の増加:38
・特別有給休暇など職員の待遇:34

6.その他の課題や横浜市に求める対応などについて
1)判断に悩んだり、直面した課題があれば教えてください。(自由記述式)※
・感染予防対策:18
・保育士の労働環境・体調:7
・保育内容・保育体制:7
・情報提供の在り方:4
・感染(濃厚接触)判明時の開所の判断等:3

2)第2波、第3波に向けて横浜市として対応してほしいことや、
  その他ご意見があればお書きください。(自由記述式)※
・保護者に対する市からの情報発信:24
・家庭保育・総合窓口・バックアップ:12
・感染予防のための環境・備品の支援:8
・保育園運営(開所、閉所、開所時間、施設、職員配置):7
・職員の処遇改善~手当等:6
・緊急時の柔軟な人員配置対応を可能に:4
・保育園等での感染発生事案に関する情報提供:4
・保育者のPCR検査の実施:3
・保育料減免:3
・保育園での感染発生→閉所となった場合の、緊急受け入れ園:1
・保護者の相談窓口の設置:1

【会員の方へ】法律相談のご案内

会員の皆さま

こんにちは。全国小規模保育協議会の事務局です。

全国小規模保育協議会では、法人正会員・なかま法人会員・なかま個人会員向けに、
法律相談の仕組みを提供しています。

この法律相談は、会員の皆さまから、
「小規模保育施設の運営に関わる様々な困りごとを気軽に専門家に相談できる窓口がほしい」
というご要望をいただき、実現したものです。

協議会の会員は、専用の法律相談申込フォームを使用して
当協議会の顧問である牛込橋法律事務所に法律相談の申し込みを行うことができます。
各相談案件について、初回の法律相談(1回あたり30分)を無料で受けることができますので、
ぜひご利用ください。

規約や規定の見直しに関する相談、事業実施上のトラブル相談、
利用者・保護者との関係についての相談、スタッフとの関係についての相談など
幅広い案件に対応可能です。

ご利用の流れや注意事項、相談内容の例など詳しい利用方法については、
以下の「法律相談について」をご確認くださいませ。

法律相談について

法律相談申込フォーム

牛込橋法律事務所

ご不明点などございましたら、こちらの「その他問い合わせ」よりお問い合わせください。

【会員の方へ】第九回通常総会開催のお知らせ

会員の皆さま

こんにちは。全国小規模保育協議会です。

昨年度より、長期間に渡る新型コロナウイルス感染症への対応に日々苦慮されていることと存じます。
また、緊急事態宣言が発令されている地域が多く、予断を許さない大変な状況下ではございますが、
2021年5月23日(日)開催の第九回通常総会のご案内をさせていただきます。

昨年度と同様、緊急事態宣言下における開催となるため、オンラインのみでの開催となります。
総会への参加は「法人正会員のみ」とさせていただいておりますが、
同日の「チャプター活動報告会」及び「懇親会」は、会員種別問わず、すべての会員のみなさまにご参加いただけます。

なお、開催概要は下記のとおりです。

<第九回通常総会>(対象:法人正会員のみ)

【開催概要】
日時:2021年5月23日(日)13時~14時
方法:zoomアプリによるオンライン開催

◯当日スケジュール
12:30~12:45 受付
12:45~13:00 事前説明 ※12:45までにはzoomにご参加ください
13:00~14:00 通常総会

▼チャプター報告会(対象:法人正会員、なかま法人会員、なかま個人会員)

14:00 第九回通常総会終了、休憩
14:05 支部連絡会・チャプター活動報告開始
16:00 終了予定

同日夜にオンライン懇親会も開催します。

▼懇親会(対象:法人正会員、なかま法人会員、なかま個人会員)
19:25 zoom入室開始
19:30 懇親会
21:00 終了
参加者の交流促進のため、懇親会のご参加人数によってはzoomのブレイクアウトルーム機能を使用しグループ分けを行う予定です。

※議決権を有する「法人正会員のみなさま」宛に、別途第9回通常総会の出欠フォームをお送りしていますので、必ずご回答ください。
※今年度はオンライン開催のため、通常総会へなかま法人会員・なかま個人会員のオブザーブ参加は受け付けておりません。ご了承ください。総会開催後の動画の共有を検討しております。
※途中参加、途中退席して頂いても大丈夫です。
※当日の急な参加、欠席の場合、事務局へのご連絡は不要です。
※現時点で、チャプター報告会、懇親会ともご欠席予定の方は、アンケートのご回答は不要です。
※zoomのURLは3営業日前を目処に別途ご案内いたします。少々お待ち下さい。

チャプター活動報告会では、今年4月から始まった新規チャプターのご案内も予定しています。今後チャプター設立や参加をご検討の方はぜひ奮ってご参加ください。
また、オンラインではございますが、全国のみなさまと交流を深められたらと思っております。
新しくご入会された皆さまも、ぜひお気軽にご参加くださいませ。

皆さまの参加を心よりお待ち申しております

ご質問、ご不明な点がございましたら、下記へお問合せください。

問合せ先 : 全国小規模保育協議会事務局
mail: jimukyoku★syokibohoiku.or.jp(※★を@に置き換えてください)

【会員の方へ】2021年度 年会費口座振替予定のお知らせ(6月末引き落とし)

会員のみなさま

いよいよ来月より次年度がスタートいたします。
それに先立ちまして、2021年度の年会費についてご案内させていただきます。

●2021年度年会費のお支払いについて

2021年度年会費は、入会時にご提出いただきました
口座振替依頼書の口座より振替させていただく予定です。
(すでに2021年度分年会費をお支払い済みの方(※)は、引き落としはございません)
※2021年1月~3月ご入会の方

【 更新日 】 2021/4/1
【 更新方法 】自動更新
【 お支払い方法 】口座振替
【 口座振替日 】2021/6/28(予定)

 

<2021年4月より会員種別及び年会費の一部に変更がございます>

会員規約改正版(2020年12月7日開催臨時総会承認。2021年4月1日施行)
https://syokibohoiku.or.jp/wordpress/wp-content/uploads/2020/12/kaiinnkiyaku_20210401.pdf

【変更前】 【変更後】

「正会員」30,000円(1口)

運営する園数により1園1口から4園4口まで

※上限口数:4園以上4口

「法人正会員」30,000円(1口)(変更なし)

運営する園数により1園1口から2園2口まで

※上限口数:2園以上2口 

「準会員(個人)」10,000円 「なかま個人会員 」5,000円
「準会員(法人)」10,000円 「なかま法人会員」10,000円(変更なし)
「賛助会員(個人)」5,000円 「なかま個人会員」5,000円(変更なし)
「賛助会員(法人)」5,000円 「なかま法人会員」10,000円

 

●継続をご希望されない場合

継続をご希望されない場合は、こちらより退会届のご提出をお願いいたします。
※提出期限: 2021年3月31日

※2021年4月1日以降のご退会は、2021年度の会費が発生いたしますので、ご留意ください。

●口座振替依頼書のご提出について

次のような内容に該当する方は、口座振替依頼書のご提出をお願いします。
例)
・口座振替依頼書のご提出がまだの方
・個人名義から法人名義口座に変更の方
・法人名変更による口座変更の方
・その他、口座変更の方

ご提出方法につきましては、こちらの「その他問い合わせ」よりお知らせください。
追って、お手続き方法をご案内いたします。

小規模保育専用団体保険(2021年度)の受付を2月8日(月)より開始いたします!【2月26日(金)締め切り】

みなさま、こんにちは。

2015年4月に創設された小規模認可保育所向けの団体保険は、2021年の4月で6年目になろうとしています。
6年目となる2021年度の本保険(2021年4月1日-2022年4月1日)の受付を2月8日(月)より開始いたしますので、お知らせいたします。

«小規模保育総合補償制度»

【取扱代理店】
保険情報サービス株式会社 東京中央支店 まほろば事業部
TEL:03-5215-5570 (月~金 9:00~17:00)

【引受保険会社】
ジェイアイ傷害火災保険株式会社 首都圏支店
TEL:03-6634-4311 (月~金 9:00~17:00)

補償内容、料金に関しては、昨年度とほぼ同様となっております。
詳細については、「保険について」のページをご参照いただくか、
引受保険会社または取扱代理店まで直接お問い合わせください。

※2021年度4月の保険加入手続き(書類到着、保険料着金)の締切日は2月26日(金)です。

■現在会員外で2021年度(2021年4月)より新規加入をご希望の団体様

・保険加入のお手続きは、当協議会の会員登録(ご入会)手続き完了後に開始となります。

※今年度(2020年度)の年会費はお支払い不要です。
 ご入会時にお支払いいただく会費は、2021年度分としての取り扱いになります。

※保険加入手続きは、以下のお手続き完了後に開始します。
(正会員入会のお手続きには約1週間必要です)

・当協議会に正会員ご登録(フォーム入力)
・年会費(2021年度分)のお支払(口座振込)
・口座振替手続き完了(書類のご郵送)

入会をご希望の方は、「入会・保険お問い合わせ」ページよりお問い合わせくださいませ。

※当協議会の正会員である小規模認可保育所が加入対象となります。

※小規模認可保育所を対象とした保険加入であれば、運営側の法人格の有無や種類は問いません。社会福祉法人、株式会社、NPO法人などもご加入できます。

※認可外の保育施設、家庭的保育事業所、事業所内保育所、企業主導型保育所は対象外となりますことをご了承ください。

小規模保育事業者専用団体保険、2021年度新規受付を2月8日頃に開始予定!

小規模認可保育所向けの団体保険も6年目となり、おかげ様で多くの施設にご利用いただいています。
2021年度の保険(2021年4月1日-2022年4月1日)のパンフレット公開予定と加入手続きについてお知らせします。

■保険パンフレット公開予定

小規模保育向け専用団体保険
正式名称:小規模保育総合補償制度
毎年4月1日スタート、翌年4月1日まで一年ごとの保険

現在、2021年度版のパンフレットを作成中です。
パンフレットが出来上がり次第公開いたします。
なお、補償内容は今年度と同様の予定です。

今年度の2020年度団体保険(小規模保育総合補償制度)の詳細やパンフレットは、
保険について」のページを参考にしてください。

■現在会員外で2021年度(2021年4月)より新規加入をご希望の団体様

・保険加入手続きの前に必須の会員登録(当協議会ご入会)を受付中です。

※今年度(2020年度)の年会費はお支払い不要です。

※保険加入手続きは、次のお手続き完了後に開始します。
(正会員入会のお手続きに約1週間必要です)
・当協議会に正会員ご登録(フォーム入力)
・年会費(2021年度)のお支払(口座振込)
・口座振替手続き完了(書類のご郵送)

以下のフォームよりお問い合わせ・お申込みください。
入会・保険問い合わせフォーム

※当協議会の正会員である小規模認可保育所が加入対象となります。

※小規模認可保育所を対象とした保険加入であれば、運営側の法人格の有無や種類は問いません。
社会福祉法人、株式会社、NPO法人などもご加入いただけます。

※認可外の保育施設、家庭的保育事業所、事業所内保育所(小規模認可含む)、企業主導型保育所は対象外となりますことをご了承ください。

■現在正会員で今年度保険加入し来年度も加入をご希望の団体様
■現在正会員で来年度からはじめて加入をご希望の団体様

・団体保険の加入手続きを2021年2月8日頃より開始予定(2021年4月スタート分)です。
 お手続き方法などの詳細につきましては、近日中にメールにてご案内申し上げます。

■現在準会員で正会員移行予定の会員様

2021年4月開所予定の方で、2021年4月より新規加入をご希望の団体様

・保険加入手続きの前に正会員への移行手続きが必要です。

以下のフォームよりご連絡をお願いします。
会員お問い合わせ」(ページ内の「その他問い合わせ」よりお問い合わせください)